上司との人間関係の良い構築法は

看護学生のころとは異なり、看護師ともなれば周りの人たちと上手くコミュニケーションを取り業務をやっていく必要があります。
仕事だけをしていれば良いという職場は皆無に等しく、人間同士の関係を上手く構築していけるかどうかというのは、仕事と同じくらい大切なことなのです。

中でも、自分の直属の上司となる看護師長との人間関係は、最も重要なものの一つとなり得るでしょう。
看護師になってすぐのころは、業務内容を教えてもらうことになりますし、仕事をしていく上で最も密に関わる機会が多いのも直属の上司です。

では、一体どのような方法で関わっていくのが良いのでしょうか。
まずは、上司と良い人間関係を構築することと、失礼のない態度を取るということです。

相手の年齢にもよりますが、きちんとした態度を取る社員に対して悪い印象を抱く人はまずいませんので、礼儀に叶った行動をすると良いでしょう。
続いて、相手の指示に従って真面目に仕事に取り組むということです。

看護師の仕事は命に関わる仕事ですので、仕事が出来るかどうかというのは非常に大切なことになってきます。
自分が教えている看護師の出来が良いと鼻が高い状態で過ごすことが出来ますので、より良い関係を構築することが出来るのです。

また、最近では飲みに行って交流を図るというのことは少なくなりましたが、一緒に飲みに行くとオフのことなどを話す機会が出来ますので、より親しくなることが出来るかもしれません。